みにつくマンツー塾 塾長

小川慶太(おがわけいた)

三児の父

はじめに

このページを見ていただきありがとうございます。

このページには、僕の小学生時代から、この「みにつくマンツー塾」を開くまでの歴史について書いてあります。

長いですが、ぜひ最後まで読んでいただければ嬉しいです。

塾長の今まで-勉強嫌いの過去

僕は小学生の時に野球を始めました。

そのため、小学生の頃から「スポーツ大好き、勉強嫌い」な子どもでした。

中学生では、クラブチームに入り、チームメイトの力もあって、大会でよい成績を残すことができました。

高校生になると、野球少年なら必ず夢見る「甲子園出場」に向けて、寮生活をしながら野球に取り組みました。

甲子園という夢に向けて、「野球は頑張る!勉強はほどほど。」という高校生活を送っていました。

寮では、寮長になり、リーダーとして生活していましたが、野球の技術はそれほどなく、ベンチでチームを盛り上げるポジションで活躍しました。

高校3年生の夏。

甲子園に向けて、夏の大会が始まりました。

僕はメンバーに選ばれることなく、スタンドでチームを応援しました。

しかし、甲子園には出られず、僕の高校野球生活は終わりました。

ちなみに僕が高校3年生時の甲子園決勝は、早稲田実業VS駒大苫小牧。

斎藤佑樹さんと田中将大さんが投げ合った試合です!

その試合を見て、
「すごすぎる。こういう選手達がプロになるんだ。おれは足元にも及ばない。」

と思い、高校生で野球を辞める決意ができました。

でも、甲子園への未練はあり、

「そうだ!野球部の監督になれば、甲子園に行ける!だから、将来は先生になろう!」

という安易な考えで、スポーツが大好きということもあり、体育の教員免許が取れる大学に進学しました。

大学生活-スポーツクラブでの転機

大学へは奨学金で行ったため、交通費や教材費、生活費を自分で稼がないといけませんでした。

だから、大学1年生からいろいろなアルバイトをしました。

引っ越し屋さん、レンタルビデオ店、居酒屋、洋食屋など。バイトを掛け持ちしながら生活していました。

そして大学2年生の時に、
「アルバイトも将来の役に立つことをした方がいいな」

と思い、スポーツジムのアルバイトをすることにしました。

スポーツジムのメインの仕事は、お客様に筋トレのマシンの使い方や正しい運動のやり方を教えることです。

そこでたくさんのお客様に教えていくうちに、

「人に教えることって楽しいな!」

と思い始め、

「どうやったら、もっとうまく教えることができるか」

を考えて、本などで勉強するようになりました。

教え方が上達していくようになると、お客様から

「小川さん、教え方上手だね!」

「小川さんのおかげで、痩せることができました!」

と嬉しい言葉を多くもらえるようになり、それを励みに仕事を頑張り、


スタジオレッスンやマンツーマンでダイエット指導をするパーソナルトレーナーもやるようになりました。

その間にも、大学には通い、いよいよ卒業の年、大学4年生になりました。

入学当初は高校の先生になる!と思って大学に入りましたが、

スポーツジムの仕事の魅力に取りつかれ、そのままスポーツジムで働くことにしました。

ある日、小学生に運動を教える機会がありました。

それが僕の転機でした。

小学生に運動を教えていると、教えたことがどんどんできるようになり、小学生の吸収の早さに驚きました。

そして、

「小学生に教えるのって面白いな。小学校の先生もありかもな。」

と思うようになりました。

そんな時、偶然スポーツジムのお客様で先生をやっている方と出会い、
「小学校の先生いいと思うよ!やってみなよ!」
と言われ、それがきっかけで小学校の先生を目指すことにしました。

小学校の先生を目指して-勉強の楽しさに気付く

ということで、小学校の先生になろうと思いましたが、高校の体育の免許では小学校の先生になれなかったので、

働きながら学校に通い、小学校の教員免許を取ることにしました。

さらに、小学校の先生になるには、「教員採用試験」というものを突破しなくてはいけないので、独学で勉強をし始めました。

しかし、「スポーツ大好き、勉強嫌い」で今まで過ごしてきたため、どうやって勉強をしたらよいのか分かりませんでした。

そこで、勉強のやり方の本を買い、まずは勉強の仕方を学ぶことにしました。

そのおかげで、正しい勉強方法が分かり、それを基に、小学校の先生の勉強を始めました。

そして、勉強をしていてこんなことを思うようになりました。

「勉強って分かると面白いんだな!つまり、
勉強が分かる(できる)=勉強が楽しい
ってことか!」

そうやって勉強を頑張り、なんと教員採用試験を一発で合格し、小学校の先生になることができました。

小学校の先生時代-公務員という安定を捨てる

東京都の小学校に勤めることになりました。

いざ学校現場に行くと、自分の過去と同じ「勉強嫌いな子ども」が多くいることを感じました。

そこで、自分が勉強していて気付いた、

勉強が分かる(できる)=勉強が楽しい

を子ども達に実感してもらうために、

独自で教える研究を重ねて、分かりやすい授業をすることを意識して仕事をしました。

すると、保護者の方々から

「先生になってから、学校が毎日楽しそうで、ほんと先生が担任でよかったです!」

「先生の授業はわかりやすいって子どもが言っています!」

「先生のおかげで、頭がよくなりました!」

など、お褒めの言葉をたくさんいただき、圧倒的な支持を得るようになりました。

そのおかげか、3年目には学年主任も任せていただきました。

学校現場でも子どもの吸収の早さを実感し、「先生は楽しい!」と思っていましたが、

勤務年数を重ねていく内に、子どもに教えることに関する仕事より、必要性を感じない書類作成などの業務が多くなってきたことに疑問をもちはじめました。

「おれは子どもに教えることが好きで、この世界に入ったのに、教えることに専念できないな。」

と思い始め、自分一人では、そんな学校現場を変えることはできないと判断し、

自分の【分かりやすく教える力】を子どもに100%注ぐには、

「公務員という安定を捨て、自分で教える塾を開くしかない!」

という結論に至り、

6年間勤めた小学校の先生を辞めて、思い切って塾を開業することにしました。

「子どもの学力が伸びれば、子どもの将来の選択肢が増える!お父さん・お母さんは子どもの未来の見通しをもつことができる!そうすれば、子どもとその家庭の未来を変えることができる!」

という信念をもって、東京都の江戸川区小岩で「できる子ども育成塾」という塾を開き、地域で人気の塾になりました。

YouTubeが人気に!オンラインで力になる!

そんな中、コロナウイルスが直撃し、緊急事態宣言も出たため、塾を2ヶ月間休業することになりました。

そこで、家庭での勉強が困っているという方が多くいたため、

YouTubeで算数の授業動画を載せることにしました。
(僕のYouTubeチャンネルはこちら↓タップするとYouTubeが開きます)

すると、全国の小学生の保護者の方々が、僕の授業動画を見てくれて、

「分かりやすい動画をありがとうございます!」


「この動画のおかげで、家での勉強がはかどりました!」

など、嬉しいコメントをたくさんもらえるようになりました。

塾の休業も終わり、授業が再開すると、次はこんなメールが多く届くようになりました。

「先生の塾に通いたいのですが、地方に住んでいるので、通えません。もしよければ、オンラインで指導してくれませんか?」

「先生の考えに共感しました!先生が運営する塾に通いたいのですが、東京以外に店舗はありますか?」

嬉しい内容でしたが、指導は自分の塾の子ども達を最優先に考えていること、

自分にも子どもが3人いて、休みの日は子ども達と一緒に過ごすと決めていたので、

オンライン指導の依頼はお断りしていまいた。

また、他に塾を開くことは考えていなかったので、東京以外の店舗もありませんでした。

でもそのようなメールを見て、


「全国で小学生の勉強に困っている保護者の方々の力になれないかな?」

と考えるようになりました。

そこで、


「自分の教えるテクニックを他の人に伝えて、その人たちがオンラインで全国の人に教えることができれば、小学生の勉強に困っている保護者の力になれる!」

と思い、この「みにつくマンツー塾」を開くことにしました。